イギリスで就活した私なりのアドバイス

, , 4 comments
なぜ就活のアドバイスについて書こうかと思ったかというと、、、

2週間ほど前から、8月頭にアプライした仕事からメールや電話がたまに来るようになりましたw
なぜなんだ笑。。。なぜ今このタイミングなんだ。。。
どんな良いオファーが来ても仕事を変える気は一切ないんですけど、一応将来のために
どんな仕事に応募がかかっているかとか見ています。
イギリスの企業で応募したものは2件ほど以前に面接の連絡が来ましたが、他は
CVを送って以来、一切返事はない、または不合格通知が来る、とかです。
CVを送ってすぐ返事が来るとか絶対にないので送ってしばらく(2週間くらい)は
辛抱強く待ちましょう。2週間以内に来たら奇跡だと思います。

最近私のブログやインスタを見てくれている方から現地採用についてアドバイスなどを
聞かれるので(嬉しいことにも、みなさんありがとうございます。)
ここに私の体験した面接内容や海外就職において大事だと思ったことをまとめたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

★日本での社会人経験=仕事の経験
が何よりも大事!

海外で現地採用されたかったら大学を卒業してすぐワーホリビザで渡英するのは危険
だと思いました。
実際に私も大学卒業したら、日本で社会人経験をする前に海外で働いてみたい!
と甘く考えていたことがありますが、
海外で新卒という考え方はないので、ちゃんとした企業で勤めたかったらそれなりに
社会人経験が必要だと思いました。って私も1年半くらいしか日本で働いてませんけど、
CVには大学時代にやっていたアルバイトも立派なように入れましたよ☆

社会人経験=仕事の経験です。
決して一流企業で働いてたことが大事とかはないです。
というのも日本では大企業ですごく有名だとしても海外では知られていることはまず
ほぼないです。。よほど日系企業に興味がある会社だったら知ってるかもだけど、
(そんな会社きっとないでしょう。。。)
日本で大企業として就活生に憧れられている企業はこっちではほぼ無名に近いので
何より職務経験が大事です!日本で何をしていたか!が最も問われる質問だな、と思いました。

そして日本で行った経験が海外でも反映されるので、
日本で一般事務をしていた人がいきなり海外で営業職とかに就くことは難しいんだなと思いました。
なので海外で仕事に応募する場合、自分の経験に合った職種を選ぶことをおすすめします。

私はこっちで旅行系で働いてみたいな〜と漠然に考えていましたがもちろん日本の旅行会社で
働いた経験はありません。日系エージェントに話した際も経験がなければダメだと言われたので
もちろん現地企業には応募もしませんでした。


★英語力はもっと大事!

現地企業でもっとも求められるのは、上手なコミュニケーションが取れるのかだと思います。

実際に入ってしまえば、わからない単語は簡単な英語で説明できるし、みんなの言う
ビジネス英語は普通の企業では必要ないと思いましたが、毎日英語環境になって一番
精神的に疲れるのは働いている本人だと思うんです。
なので英語力はかなり大事だと思いました。

というのも、CVを見て連絡くれる企業は電話が多かったです。
メールで来るのはだいたい不合格通知ばかり。
電話が来たら、すぐ面接の日程を決めるっていうのが多かったです。
つまり、電話でうまく英語が話せなければもうそこであまり良い印象は受けれないと思いました。

実際に私も就活はじめたてに、全然面接も始まる前、一本英系から電話がきたことがありました。
電話でいきなり志望動機とか聞かれたのでパニックになってあまり話せなかったら
面接の設定はなく、また連絡すると言われて連絡きませんでしたよ;0;

今職場でけっこう電話対応をするのでやっと少しずつ慣れてきましたが、、、
それでも電話は緊張します!!
聞き取れないこといっぱいあるし、、
しかもHR(採用の人)がネイティヴじゃないときもあるので、電波の良いところで
電話を取り、ゆっくり話し、わからないことがあれば聞き返しましょう!
英語の面接に徐々になれてきたら、だんだんうまく話せるようになるので、
日系企業とも面接を何回か重ねることをおすすめします!

実際に日本人同士で英語話すのはネイティヴとのよりかなり気軽だったので良い練習になりましたよ♩


★仕事探しは様々なルートを使って!

Indeed、Reed.ukとか有名なウェブサイトがありますが、
ここらへんで応募した仕事から連絡が来たことはほとんどありませんでした。
というのも知り合いから紹介してもらった仕事先にCVを送ったところ面接はすぐ行われる予定でしたがしばらく連絡が来ず待っていたら、
「CV送った〜?」と聞かれました。
なんとHRの女性、私のCVを見逃していたらしいですw
こういうことは、この国よーくあるので、あまり期待しないことが一番です。w

私の職探しは、一般的なウェブサイトだけではなく、気になる企業のサイトに行き
採用情報のところをチェックしていました。
その方がダイレクトに仕事を応募できるんじゃないかと考えたからです。
たしかに効果があり、企業のウェブページから応募したほうがリスポンスも早く
ちゃんと返事をくれるところが多かったです。

Indeedからは数十件も送りましたが、返事きたのはほんとに1、2個だったと思いますw

そして私の仕事は、Mixbで見つけました!
この中で思ったのがMixbが一番使えると。
この仕事を見つける前にもアルバイト先を探そうとし、Mixbで見つけたのをすぐに連絡したら
雇ってもらえたし、私の友達もほとんどみんなMixbで見つけています。
毎日チェックするのが大事です!
特にアルバイトの場合早いもの勝ちみたいなので。

日本語を活かしたかったらどんな企業が日本語を使える人を募集しているのかな?
というのに注目して探すと、意外と色々見つかりましたよ!

★面接時の服装について

かなり長くなってしまったのでこれで私からの簡単なアドバイスは最後にしようと思います。
みんな迷う面接時の服装について!

私の場合、夏だったしスーツは持ってきてなかったので、
New Lookで白いシャツを買い、持ってきていたベージュの5cmくらいヒールがあるバンプスに
ストッキング、グレーの広がらないスカートで毎回行ってました。
スカートは普段用だったので少し短かったかもですが、服装に問題なかったと思います。

あとカバンも普段用で茶色のおしゃれな感じのやつ。

グループ面接に行った時他にも日本人の女性3人がいましたが、みんな黒いジャケット
着てました笑
着てなかったの私だけですね。でもみんな途中で脱いでたから結局同じじゃんって思ったんですけど。

つまり服装にそんなに困らなくていいと思います。
あったかい時期ならジャケットもいらないと思います。
さすがに今だったら寒いしジャケット持ってきた方が賢明ですけど、私はなかったら
そのままコート着ちゃいます。

てあまり良いアドバイスになってないですよね笑

こんなんでアドバイスになったかは果たして不明ですが、最後にイギリスでの
就活において一言。

イギリスでの就活は
忍耐!
辛抱!
タイミング!
英語!!

だと思いました。
今から就活する方たち、英系企業に勤めたい方たち、
応援しています!!
さあ、次は同僚から教わるイギリス人とフランス人の違い、、、
を書こうかな?と考えております。


4 件のコメント:

  1. はじめまして!突然のコメント失礼します!

    YMSでの就活について少しお伺いしたくコメントさせていただいております。
    やはり面接にあたり英語力はかなり必要でしょうか?m(_ _)m

    返信削除
    返信
    1. さおりさん、コメントありがとうございます。
      面接を受ける企業によって英語力が求められるところとそこまで求められないところがはっきり分かれているなと私が就活をしていたときは感じました。ロンドンには英語力はあまり見られない日系企業は多く、面接の際も基本は日本語面接で、英語ですることはあっても会話が出来れば大丈夫なような監事でした。英系企業で働きたい場合は面接で英語力は必ず求められると思いました。でもビジネス英語ができるかを見られるのではなく、基本的にちゃんとコミュニケショーンが取れるかのほうが重要に感じました。何度か英語での面接をしたら慣れてくると思います!がんばって下さいね!

      削除
  2. 質問です!ビザはどうやって何を取得していきましたか?

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。ビザはイギリスのワーホリ制度YMSビザを取得しました。2年間ビザが出ますし、仕事は何をしても良いので、すごく便利なビザ制度です。

      削除